喫煙による肺がん、脳梗塞といった健康被害との因果関係は広く知られるところですが、わかっていても止められないのがタバコ。どんな強い意志を持ってしても、指が煙草に伸びてしまうのは、ヘロインやコカインと同じ依存性を持つニコチンが原因です。

  統計では、約7割の喫煙者が、治療無しでは煙草を止められないということも明らかになってきています。また、喫煙者本人のみならず、その家族や周囲の人への被害(受動喫煙)も重大な問題に・・・。

  まさに百害あって一理なし。家族のため、自分のため、どうぞ当診療所の禁煙外来にお気軽においで下さい。
■新しい禁煙治療薬、チャンピックス
 チャンピックスは、ニコチンの代わりに、脳にあるニコチン受容体という部位に結合して快感を生じさせる物質(ドパミン)を少量放出させるため、禁煙時にあらわれるイライラなどのニコチン切れ症状を軽くします。
 また、禁煙時に一服してしまったとき、ニコチンがこの受容体に結合するのを邪魔して、タバコのおいしさを感じにくくします。
 チャンピックスは、これらの働きにより禁煙をしやすくする薬です。

チャンピックスの詳しい情報はこちら
すぐ禁煙.jp http://sugu-kinen.jp/
■飲むだけお手軽
 チャンピックスは、のみ薬です。禁煙開始予定日の1週間前から飲み始め、服用量を徐々に増やします。
 食後に飲むだけですから、無理なく禁煙を続けられます。
■保険がききます
 禁煙外来に、保険が適用されるようになりました。金銭的な負担も軽くなり、これまで以上に気軽に禁煙のための治療を受診していただけるようになっています。なお、保険適用されるためには

 1)直ちに禁煙しようと考えていること
 2)ニコチン依存症のスクリーニングテストが5点以上であること
 3)ブリンクマン指数(1日喫煙本数×喫煙年数)が200以上であること
 4)禁煙治療を受けることを文書により同意していること

の4つの条件にすべて該当している必要がありますが、詳しくはご来院時にお尋ね下さい。尚、保険診療で禁煙外来を行える医療機関は厚生労働省の定める施設基準を満たす必要があり、すべての医療機関でも保険がきくわけではありません。
上記の要件を全て満たさなくても、自由診療で禁煙治療を受けられます。
【ニコチン依存症スクリーニングテスト】
1. 自分が吸うつもりよりも、ずっと多くタバコを吸ってしまうことがありましたか
2. 禁煙や本数を減らそうと試みてできなかったことがありましたか
3. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、タバコがほしくてほしくてたまらなくなることがありましたか
4. 禁煙したり本数を減らそうとしたときに、次のどれかがありましたか(イライラ、神経質、落ち着かない、集中しにくい、ゆううつ、頭痛、眠気、胃のむかつき、脈が遅い、手のふるえ、食欲または体重増加)
5. 4.の症状を消すために、またタバコを吸い始めることがありましたか
6. 重い病気にかかったときに、タバコはよくないとわかっているのに吸うことがありましたか
7. タバコのために健康問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか
8. タバコのために自分に精神的問題が起きているとわかっていても、吸うことがありましたか
9. 自分はタバコに依存していると感じることがありましたか
10. タバコが吸えないような仕事やつきあいを避けることが何度がありましたか

【以下の項目にあてはまる方は、医師にご相談ください。】
以前に薬を飲んで、かゆみや発疹などのアレルギー症状が出たことがある
腎臓の病気がある
妊娠中または授乳中である
他に服用中の薬がある
未成年者である

ニコチン製剤との併用はしないでください。
腎臓の病気がある場合は、主治医にお申し出ください。
禁煙は治療の有無にかかわらず様々な症状(気分が落ち込む、イライラする、不安を感じる等)を伴うことが報告されています。また、もともとこのような症状がある場合は、その症状が強く出ることがあります。本剤を使用した場合にも、上記の症状がみられることがあるので、気になる症状があらわれたら、主治医にご相談ください。
めまい、眠気などの症状があらわれることがあるため、自動車の運転など危険を伴う機械を操作する時は注意してください。
■大切な家族のために、病気から身を守るために・・・ 禁煙
 喫煙にはニコチンに対する身体的依存と喫煙習慣による心理的依存の二つが関係しています。受動喫煙で、大切な家族までをも身体的リスクにさらすことがないよう、当診療所では、患者様のお話にしっかりと耳を傾け、相談にのってまいります。身体的なケア、心理的なケア、医者と二人三脚による禁煙プログラムを実現してまいりますので、どんなことでも、どうぞお気軽にご相談ください。